成功と
持続可能性の
拡大をめざして
コミュニティと教育のサポート

私たちは、教育と医療のイニシアチブの支援、芸術と機能デザインを備えることによる生活環境の向上、環境に配慮した不動産開発を通じ人々の暮らしを改善することで、事業を行う地域社会への投資に努めています。 当社の持続可能な開発に対する努力を示す全認証の一覧はこちらからご覧ください。

 

地域と教育を支援

パートナーシップ構築を通じて地域社会に貢献

シンガポール

高等教育への支援

教育はMapletreeのCSRフレームワークにとって中心となっています。2012年以来、Mapletreeはシンガポールの6つの大学すべて(シンガポール国立大学(NUS)、Nanyang Technological UniversityNTU)、Singapore Management UniversitySMUSingapore University of Technology and Design SUTD)、Singapore Institute of Technology (SIT)Singapore University of Social Sciences (SUSS)累計300Sドルを寄付しています。そして、毎年90名以上の大学生に奨学金と学習奨励金を通じて経済支援を提供しています。

Mapletree Academic Achievement ProgrammeMAAP)では、Temasek PolytechnicsNgee Ann Polytechnics2つのディプロマコースへの支援を、2020から5年間に拡大しました。これに加えて、MAAP5年間にわたり、地元のすべてのポリテクニックに対して厳選されたディプロマ卒業証書の賞品を提供しています。


20159月にスタートしたMAAPは、Mapletreeのビジネスに関連する分野での学術的な卓越性を評価します。また、MAAPは、SIM Global Educationのディプロマプログラムの卒業賞を後援することを約束しており、16/17年度から5年間、毎年30個の賞を提供します。

  


 シンガポールと世界の不動産業界の需要を満たす新世代の実務家を養成するために、Mapletreeは2018年1月に、多面的なMapletree Real Estate Programme をingapore Management University (SMU)にて発足しました。MapletreeからSMUへの300万ドルの寄付は1:1の政府マッチングで総額600万シンガポールドルとなり、Mapletree Professorship in Real Estate、Mapletree Awards,、Mapletree Real Estate Business Study Trip Grantそして Mapletree Speaker Eventsといった不動産専門職専攻の立ち上げに使われました。2018年の最初の寄付に続き、Mapletreeはさらに250万シンガポールドルを拠出し、基金奨学金や研究奨学金を通じてSMUでのMapletree Real Estate Programmeを拡大することを約束しました。

パンデミックの影響でシンガポールでの就職が困難になった新卒者を支援するために、当グループは最大30名の研修生を対象とした12ヶ月間のフルタイム研修プログラム「Mapletree TraineeshipM-TRAIN)」を開始しました。

研修生は、Mapletree社から全額出資を受け、SMUの教授陣やMapletree社のシニアリーダーが実施する教室での研修を受けながら、不動産に関する知識やスキル、実践的な仕事の経験を積むことができます。

Mapletreeは、第3Mapletree-SCCCI River Hongbao Hackathon (RHBHacks) (2019年~)、第2The Mapletree Challenge (2020年~)に続き、第1Mapletree x NP Hack 2021でハッカソンへの支援を拡大しました。RHBHacksは、高等教育機関の学生を対象に、ビジネス提案を行うための起業プラットフォームを提供し、優勝チームにはシンガポール最大の旧正月イベントであるRiver Hongbaoで製品を販売する機会を提供しています。2021年のRHBHacksは、"Forging a Brighter Future "をテーマに、11の高等教育機関から過去最高の45の応募がありました。

Mapletree Challengeは、SITの学生を対象とした7ヶ月間のチャレンジで、マスタークラス、メンターシップ、業界の専門家によるイノベーションとアントレプレナーシップのフォーラムなどで構成されています。2019年10月から2020年4月まで、「Reimagining Sustainability for Improving Our World」というテーマのもと、750名の学生が第2回目のチャレンジに参加しました。

  

Mapletree x NP Hack 2021は、Ngee Ann Polytechnicの学生を対象とした3日間のハッカソンです。第1回目のハッカソンでは、「コミュニティ」「ビジネス」「持続可能性」をテーマに、Covid-19パンデミックの多面的な課題に取り組む18のソリューション・アイデアが生まれました。また、このハッカソンでは、参加者はデザイン思考のアプローチを通じて、技術的およびソフト的なスキルを身につけることができました。


   

 

 

経済的、社会的リスクのある青少年への継続的支援

Mapletree2012年以来、社会的にリスクのある若者を強力に支援しています。これまで、Mapletreeは地元のボランティア福祉団体の教育、スポーツ、芸術プログラムを支援するために830,000ドル以上を寄付しました。

グループは、2016年にMapletree Youth Resilience ProgramMYRP)を試験的に実施しました。このプログラムは、不利な背景にもかかわらず教育を追求する可能性と意欲を持つ若者に長期的な財政援助を提供することを目指しています。このパイロットプログラムの下で、ボーイズタウンとユースリーチの5人の若者が、学費、交通費、教科書の購入などの教育ニーズに向けた1年間のスポンサーシップを受けました 若者が学業へのコミットメントとより良い自己規律を示しているため、若者に対する支援は毎年延長されています。

 

これまでに、MapletreeMYRPを通じて187ドル以上の若者に経済的支援を提供し、2019年度3つの地元の自主福祉組織の12人の若者を支援し続けました。

2017年からの3年間で、Mapletreeは、Mapletreeの支援対象者の青少年、およびアレクサンドラ地区で働くスタッフや従業員の子供たちを対象に、毎年ユースフットサルキャンプを開催しました。若者たちは、肉体的、技術的、精神的なスピードを向上させ、ボールコントロールのスキルを向上させるために、一連のドリルに参加します。また、親善試合では、自分たちの技術やテクニック、スポーツマンシップを試す機会もあります

 

  

2020年度、Mapletreeは低所得家庭の子どもたちを支援するために、新品のハードディスクとMicrosoft Office Suiteを搭載したアップサイクル・再生ノートPC15台を寄贈しました。この活動により、シンガポールのBukit Batok Community Clubの25人以上の受益者が、オンライン授業プラットフォームやリソースにアクセスできるようになりました。

 

 

Mapletreeは、Covid-19パンデミックと闘う医療従事者への敬意を表して、ファシリティーマネージメントベンダーやシンガポール政府系病院の代表者をバナーで表示しました。ビルボード広告とウォールバナー(Tanjong Pagar Distripark37 Keppel RoadAlexandra Retail CentreMapletree Business Cityの間のリンクウェイブリッジ、HarbourFront Centreに設置)は最前線で働く人への応援の声となりました。 

 

Mapletreeは、Mapletree Community Sharing Fund (MCSF)や高等教育機関(IHL)向けのCovid-19サポートファンドを通じて、Covid-19パンデミックの中でコミュニティをさらに支援するために迅速に対応しました。

MCSFを設立するために、MapletreeスタッフのSolidarity Paymentから85,000シンガポールドル以上の任意拠出金が集められました。このファンドは、パンデミック時に無給休暇を取らなければならなかったMapletreeのシンガポールの商業施設のテナントやサービス提供者に現金を支給するものです。第1弾は180名、第2弾は140名以上の方に支給されました。

また、パンデミックの影響で経済的支援を必要としているIHLの学生を支援するため、5万シンガポールドルを拠出しました


 

 

 

 

海外

地域コミュニティーへの支援


中国では、恵まれない人々へ教育と健康管理の支援を提供することに重点を置いています。

2012年度よりMapletreeでは上海市閔行(ミンハン)区と広東省仏山市南海(ナンハイ)地区で、低所得層の住民が教育や医療を受けられるように経済支援を行っています。5年間に総額1,000万人民元をNanhai Charity Society (NCS) と Minhang District Branch of the Shanghai Charity Foundationに提供する予定で、支援開始以来、両地区で3,200名以上の住民が支援を受けました。


Mapletreeはまた、NCSとの別の3年間のパートナーシップ(2019年~2021年)のために225万人民元(~45万米ドル)を寄付し、中国・佛山の貧しい学生にランドセルや補聴器を提供したり、経済的な支援を行ったりしています。Mapletreeは、その貢献と継続的なサポートにより、2020年に仏山南海慈善協会が授与する「南海慈善傑出貢献賞2019」をはじめとするいくつかの賞を受賞しています。

 

 

 

Mapletreeはまた、高等教育へのサポートを香港に拡大し、グループ初となる海外の大学への寄付を行いました。 グループは、香港市立大学でMapletree ScholarshipとMapletree Exchange Scholarshipsを立ち上げるために200万香港ドル(約35万Sドル)を寄付しました。 アカデミックイヤー2020年から毎年最大8つの賞が授与される予定です。

 

 

Covid-19のパンデミックに対応して、Mapletree190万シンガポールドル以上を投じて、マスク不足の状況を解消するために、当グループが事業を展開している市場の受益者にマスクをグローバルに配布しました。